ブログサイトを自前で用意する場合、WordPressなど動的にページ生成するツールが主に利用されていますが、サーバ等の環境を構築したり面倒で、特に頻繁にセキュリティアップデートとかのメンテナンスがネックじゃないかなと思います。WordPressがインストールできるサーバとなると金額も少し高めです。

今回Blogサイトを作りたいと思い上記の問題を解決できるツールを探したところJekyllを見つけました。jekyllで生成した静的ページであればGitHub PagesAWS S3なら安くBlogページを公開することができます。

以下、記録としてインストールから立ち上げまで記載します。

Jekyll のインストール

Gemsを使ってJekyllBundler をインストールします。 Jekyllはもちろん、bundlerを使えばJekyllを動かすために必要なライブラリ類もJekyll関連ファイルと同じディレクトリ下で管理できディレクトリごとコピー又は移動させれば異なる環境でもJekyllで静的ページをBuildできるようになり便利です。

$ gem install jekyll
$ gem install bundler

Site の作成

jekyll newでサイトの雛形を生成、bundle installでjekyllを含めたライブラリ類をインストールします。インストールされるものはGemfileに書かれています。

$ jekyll new myblog
$ cd myblog/
$ bundle install --path=vendor/bundle

--path=vendor/bundleはインストール先のディレクトリの指定です。 これでひな形は完成しました。後はjekyll serveでローカルWEBサーバを立ち上げるだけですが、_config.ymlに下記を追加しないと起動に失敗します。

exclude: ['vendor']

ローカルサーバ起動とサイト確認

jekyllのbuildサブコマンドで静的ページを生成、serveサブコマンドでローカルサーバ起動してページを確認してみます。

$ bundle exec jekyll build
$ bundle exec jekyll serve

後はブラウザでhttp://localhost:4000/を開いてページが表示されれば無事完成です。 なおこのコマンドではローカルPCからしか開けませんのでリモートから見たい場合はserveサブコマンドに--host 0.0.0.0オプションをつけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加